LIXIL不動産ショップしんくら環境不動産>売却の流れ

売却の流れ

  • STEP1売却相談
  • STEP2査定依頼
  • STEP3物件の調査・査定
  • STEP4媒介契約
  • STEP5売却の開始
  • STEP6反響の報告
  • STEP7売買契約の締結
  • STEP8決済と引渡
  1. 売却相談
    不動産売却については売買・仲介専門のしんくら環境不動産へご相談ください。
    弊社では住宅業界でも充分なキャリアを持つ専門の宅地建物取引士のスタッフが相談に応じます。
    土地・建物の売却はもちろん住み替えや相続税対策等、資産の活用に関しても気軽にご相談ください。
  2. 調査依頼
    まずは一度所有している不動産を査定してもらいましょう。(査定は無料です。)
    特に中古住宅はリフォームや修繕箇所の履歴が重要です。
    物件によっては弊社が買い取りを検討させていただくことも可能です。
    建物の場合、建築会社や使用状況によっては査定金額も上がることも考えられます。
    図面や契約書、固定資産税評価の分かるもの等をご用意ください。
  3. 物件の調査・査定
    土地・建物の現地での確認や、市場調査、成約事例、建築法規、権利関係などの調査をもとに、不動産査定を
    実施します。
    境界が明確であるかどうかは特に重要なポイントの一つです。
    場合によっては土地家屋調査士も同行させていただき、より詳しく調査させていただく場合があります。
  4. 媒介契約
    査定書の内容、価格などを確認し、今後の売却活動の内容についても説明してもらいましょう。
    十分に納得した上で、媒介契約を締結します。
    弊社ではWEB広告を駆使し、県外や遠方の方々とも取引が成立することも多いです。
    購入者は近隣の方々とは限りませんのでエリアを限定せず売主、買主、双方にメリットがある取引の実現を
    目指します。
  5. 売却の開始
    しんくら環境不動産ではさまざまな媒体を通して、物件を告知し、購入希望者を探します。
    WEB広告、新聞折り込み広告、現地看板等、売主様のご要望に合わせて様々な媒体を利用して営業活動を
    行います。
    買主様は住宅ローンの組み方やリフォーム予算等のお悩みも解決します。
    又、弊社だけでなく近隣の不動産会社との連携も重要なポイントとなります。
  6. 反響の報告
    反響があった場合(ない場合でも)、営業活動の状況、問い合わせ状況などの報告を致します。
    今はインターネットを通じて購入予定者とのメールのやり取りも多いです。
    ここでは買主様からのご質問点に対するスピード報告も重要なポイントになります。
  7. 売買契約の締結
    購入希望者より購入申し込みをいただき、価格や引渡し条件の調整を行い、不動産の売買契約を締結します。
    重要事項説明書作成にはご契約後のトラブルが無いよう、売主様にも告知いただく書面(物件状況確認書)等も
    ありますのでご協力お願いします。
  8. 決済・引渡し
    改めて決済のための必要書類を作成します。残代金決済・引渡しの準備を進めましょう。
    住宅ローンなどの抵当権がついている場合は、抹消する準備が必要です。
    残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売買契約はすべて完了します。
    買主様、売主様の笑顔での取引の実現に努めてまいります。

    お電話受付時間 10:00~18:30

    086-522-0808

    メールでのお問い合わせは

トップへ戻る