LIXIL不動産ショップしんくら環境不動産 > LIXIL不動産ショップ しんくら環境不動産のスタッフブログ記事一覧 > 印鑑

印鑑

≪ 前へ|玉島勇崎の中古物件です。   記事一覧   ダンシング♪|次へ ≫

印鑑

カテゴリ:不動産豆知識
私たちの生活の中で比較的使うことの多い印鑑。
実は不動産売買などでも頻繁に登場します。


みなさんは実印など作られてますか?

実印・認印・銀行印・シャチハタ印などさまざまな種類の印鑑がありますがこの違いお分かりになりますか?

ハンコでも重要なのが「実印
役所に届け出て登録されたものが実印となります。
この印鑑登録をすることにより法的な効力が生まれるということです。
不動産や車など購入したりするときなど重要な場面で登場します。
実印を作られた際は大事に保管しましょう!

認印」は申し込みの意思表示や承認の意味でつかわれる最も一般的な印鑑。
書類に押したり宅配便の受け取りで押したりと日常生活で登場回数も多いと思います。

銀行印」は文字通り銀行へ届け出ている印鑑のことですね。

シャチハタ」というのはインク浸透式の簡易印鑑ですね!
朱肉なしでポンポン押せちゃいます♪
公的な書類などにはシャチハタは使えないことが多いようです。
これは材質がゴムなので印影が変わってしまうという理由。


ちなみにシャチハタは商標で正式には「Xスタンパー」というらしいです。
知らなかった(;・∀・)

不動産売買の場合、実印が登場するのは契約書に売主様が押印するときや買主様がローン契約を組む際の契約書、登記用書類へ売主様が押印する場面などでしょうか。
セットで役所に登録している証明書「印鑑証明」がセットで必要になってくることも多々あります。

面倒なので実印も認印も銀行印も一緒にしている人がいるみたいですが防犯面などを考えると別にしておいた方がよさそうです。

ちなみに印鑑で意思確認を行うのは日本と韓国ぐらいらしいです。
海外では「サイン」で済ませることがほとんどのようです。

外人さんは日本来た時にお土産で自分の印鑑を作ったりするらしいですね!(^^)!

印鑑の世界も奥が深いですね!

でももしかしたらITがもっともっと進歩したら指紋や顔認証での不動産売買が行われるようになり印鑑がいらなくらる日が来るのでしょうか?

≪ 前へ|玉島勇崎の中古物件です。   記事一覧   ダンシング♪|次へ ≫
  • 建物検査済み
  • 学区検索
  • 無料相談
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ しんくら環境不動産
    • 〒710-0253
    • 岡山県倉敷市新倉敷駅前2丁目1-3
    • TEL/086-522-0808
    • FAX/086-522-0070
    • 岡山県知事 (2) 第5512号
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 更新情報

    2021-01-16
    2020-11-16
     
    2020-09-05

    更新情報一覧

  • QRコード
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

山下智史 最新記事



山下智史

営業サポートとしてお客様の立場に立ち皆様が笑顔になれるお手伝いができるように頑張ります。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る