LIXIL不動産ショップしんくら環境不動産 > LIXIL不動産ショップ しんくら環境不動産のスタッフブログ記事一覧 > 旧耐震?新耐震?

旧耐震?新耐震?

≪ 前へ|返済負担率   記事一覧   玉島勇崎 土地情報!|次へ ≫

旧耐震?新耐震?

カテゴリ:不動産豆知識
中古住宅を検討するうえで、皆様も気にされるであろう「築年数」。

その中でも、大きなポイントとなるのが「旧耐震基準」の建物か「新耐震基準」の建物かということ。
地震大国のわが国では地震に対しての備えが重要となってきます。
1968年の十勝沖地震、1978年の宮城県沖地震において甚大な被害が出たことを踏まえ建築基準法が改正されました。

1981年6月1日(昭和56年)に建築基準法が改正され「新耐震基準」となりました。

では旧耐震と新耐震ではどれぐらい違うのか?
難しいことは置いておき、ざっくり説明すると
旧耐震・・・震度5強程度の揺れでも倒壊しないこと(震度6、7は規定なし)
新耐震・・・震度5強程度で軽微な損傷、震度6~7程度の揺れでも倒壊しないこととされています。

注意して頂くポイントは新耐震を満たしているかどうかは「建築確認日」が基準となります。
なので、1981年6月1日以降に建築確認が下りた住宅であれば新耐震基準を満たしています。
しかし、1981年6月1日以前に建築確認が下りて、完成が1981年6月1日以降に完成したとしても新耐震基準は満たしていないことになります。

中古住宅を検討される際は、この旧耐震・新耐震一つの目安にしてみるのもいいかもしれません。

ちなみに、新耐震基準の建物だとメリットも様々あります。

耐震基準適合証明書」というものを取得する事により中古住宅でも
・住宅ローン控除が受けれる
・登録免許税の軽減
・不動産取得税の優遇
・火災保険の割引など
いろんなメリットがございます。

この「耐震基準適合証明書」は建築士の資格が持ったものが、検査をして発行するので費用は掛かりますが、発行できればそれ以上の恩恵が受けれるものです。


≪ 前へ|返済負担率   記事一覧   玉島勇崎 土地情報!|次へ ≫
  • 建物検査済み
  • 学区検索
  • 無料相談
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ しんくら環境不動産
    • 〒710-0253
    • 岡山県倉敷市新倉敷駅前2丁目1-3
    • TEL/086-522-0808
    • FAX/086-522-0070
    • 岡山県知事 (2) 第5512号
  • アクセスマップ
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 更新情報

    2023-05-22
    2022-09-04
    2020-09-05

    更新情報一覧

  • QRコード
  • 中古住宅購入×リフォーム
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


土地 玉島八島 全1区画 100.00坪

土地 玉島八島 全1区画 100.00坪の画像

価格
1,500万円
種別
売地
住所
岡山県倉敷市玉島八島2131番5、2131番4
交通
新倉敷駅
徒歩14分

建物付き土地 船穂町水江 全1区画 98.50坪

建物付き土地 船穂町水江 全1区画 98.50坪の画像

価格
1,300万円
種別
売地
住所
岡山県倉敷市船穂町水江1279番5
交通
西阿知駅
徒歩31分

土地 玉島八島 全1区画 46.80坪

土地 玉島八島 全1区画 46.80坪の画像

価格
820万円
種別
売地
住所
岡山県倉敷市玉島八島378-1
交通
新倉敷駅
徒歩23分

トップへ戻る